テーマ:季節

花しょうぶ

今年も 可憐に咲き誇る菖蒲園に行ってきました。        (^^♪ ‟おまえ見染めた去年の五月 菖蒲あやめのお湯野中” に 居るような気分でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鮎の頃

今年も長男夫婦と鮎を食べてきました。 先々週に解禁になった鮎は 身持ちも上々~季節の味である。 (^^♪ 鵜籠を開き取りいだし 島津巣おろし荒鵜ども    「この川波に 「ばっと 「放せば・・・ 鮎を食していて たまたま謡曲の「鵜飼」をやっている時期なので、ひとり心に引っかかる。↓ (^^♪ 川瀬の石を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

節分

‟立春前日 魔滅(まめ)撒きちらし 福を呼び込む 邪気払い” 季節の変わり目「立春」がそこまで来た。 この時期は邪気が入りやすいとされているのでご用心。 節分と言えば豆まき。 で、自分の「ま・め・ま・き」は、  (ま)     (め)        (ま)      (き) "迷うことなく めでた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風一過

  >(たい)  (ふう)   (いっ)      (か)   退屈凌ぎの 風来坊が 何時も元気な 顔みせる 非常に強い台風21号は各地に大きな爪痕を残した。  4日正午ごろ徳島県南部に上陸し、午後2時ごろ神戸市に再上陸。 四国や近畿を中心に猛烈な風が吹き荒れ、最大瞬間風速は和歌山市で57.4メートル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛暑・酷暑の候

"相撲終わった 国会閉じた あとは猛暑と 根比べ” 連日連夜の猛暑・酷暑で 身も心ダウン寸前なり。           ”暑い辛いね  今年の夏は 猛暑酷暑の  二連銃” である。 どなた様も くれぐれもご自愛ください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筍の候

今年も筍料理をを食べてきました~ 筍のこと  (^^♪ 可愛がられた 筍は あぁ~      今に切られて 割られて      桶のタガに はめられて       絞められた~~          えぇ~ 絞められた~ あぁ~                   ・          ・ である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弥生三月

春まだ浅き今朝は雪である。 ♬春よ来い 早く来い あるきはじめた みいちゃんが 赤い鼻緒の じょじょはいて おんもへ出たいと 待っている と云うのに、 外は昨夜来、今朝になっても風と雪との狂騒曲。 磯の鵜の鳥でもあるまいに  (^^♪明日の日和は ヤレホンニサ なぎるやら~ の想いなり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大寒の贈り物

一月後半の大雪も昨日で止み 今日は名実ともの日曜日となる、 今回の積雪量は前半と同じ位の60~70センチなるも 気温は半端でない。 ここ数日の朝晩は-4~5度前後で 部屋でもストーブと暖房機の2本立てである。 また 日中でも1度前後で近年にない寒波の到来である。 背戸の小屋根を見ると 雪が縦トイを占領してツララを造っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

招かざる客

二百二十日も無事過ぎたと思ったったら  今日は 大風18号が鹿児島県に上陸し 目下徳島県に再上陸。        その後 近畿~北陸を通り 日本海に出て 東北・北海道に向かうそうな。                日記・雑談 ブログランキングへ            にほんブログ村   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月の真夏日

今日の日本列島、群馬県館林で31,8°Cなど関東圏で30°C越えの真夏日なり。 台風18号の影響だろうか・・・ 浴衣を終い袷に衣替えをしたばかりなのに・・また浴衣に逆戻りの日となるようだ。 「台風状況」 台風18号は4日午前9時現在、沖縄県・久米島の北北西約170キロの海上を時速20キロで北に進んでいる。中心気圧は915ヘク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風16号は・・

これまでの雨で各地で土砂災害や 川の氾濫の危険性が高い状態が続いた。 現在は東海地方の沿岸から夜遅くには関東の南を通り、 21日朝までに温帯低気圧に変わる見込みとのこと。 当地の一部にも土砂災害避難準備が出ていたが 先程解除された。 やれやれ・・・これで一安心なり。      にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日は「白露」

白露は、二十四節気の15番目にあたる秋の季語なり。 暑さが収まる「処暑」が過ぎ、昼と夜の長さが同じになる「秋分」の間である。 空には入道雲の出番が減って、代わりに秋らしいうろこ雲が見られるようになる。 日が暮れるのも早く感じるようになり、ススキが黄金色に輝くのもこの季節である。 白露の時期になると今までの猛暑もどこかへ消…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風13号は・・

鹿児島・種子島の南の海上にあり、現在、九州の南を東へ進んでいる。 7日午後は、進路を北寄りに変えて、 8日の朝までに、東海地方の沖合で温帯低気圧に変わる見込みだそうな~ 秋雨前線の活動が活発になるため、 近畿から関東を中心に、大雨に警戒が必要とある。 風シリーズ 今日の歌は  (^^♪ ストトン ストトンと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風12号・・・暴風域なくなる

台風12号は4日正午現在、鹿児島県枕崎市の西北西約70キロの海上にあり、ゆっくりした速さで北へ進んでいる。 しかし、午前9時頃に暴風域(風速25メートル以上の領域)はなくなった由。 ただ、中心から半径90キロ以内では強風域(風速15メートル以上の領域)があるそうな~ 気象庁によると、5日にかけて九州北部に接近し、上陸する恐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二百十日・「おわら風の盆」

二百十日とは 立春を起算日として 210日目の日なり。 この時期 日本列島は台風往来の最盛期である。 今年も一昨日に岩手県に上陸した台風10号は 同県及び北海道に甚大な被害をもたらした。 被害に見舞われた皆さんに衷心よりお見舞い申し上げます。 さて ここ越中八尾では今日より三日間、「おわら風の盆」なるものが始まった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉月二十日余

”お盆過ごせば五輪も閉じた あとは寝て待つ果報だけ” 連日の猛暑つづき・・・今年はどうなっているのだろうか? 下界の悪しき輩に お天道様がお灸を据えられたのだろうか? そうであればお灸は熱いもの 道理である。   さて お盆であるが、帰省中の次男と鮎を食べに行ってきた。 お盆は殺生禁断の日なるも、地獄の窯の蓋が開く十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は立秋

猛暑でも 暦の上では秋の始まりである。 ”日毎に秋の気配を感ずるようになる”と言うが・・・ この暑は 当分弱まりそうもないないない~の 昨日今日である。    残暑お見舞い申し上げます~    にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七夕

今年も近隣の「七夕祭り」に行ってきた。 小路に飾られた七夕飾りに ひと時心が癒された。           さて 今宵は天の川で彦星と織姫、年に一度の逢う瀬である。 (^^♪ささのはさらさら のきばにゆれる     おほしさまきらきら きんぎんすなご~   今宵は首尾よく テポドンを避けて再開出来るのだろか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文月

今年も既に折り返し月となる。  文 ふっと想いを託したあの日 消してまた書く文の数  月 積る話はおいおいするが 月に一度は顔みたや                        参院選も残り1週間となる。 各陣営 最後の追い込みに躍起なり。  有権者は   ・比例代表のこと    “ドント方式魔法のランプ ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏至

(^^♪南から南から 飛んで来たきた渡り鳥       うれしそに楽しそに 富士のお山を眺めてた~ のも 束の間、梅雨となり、 そして今日は ”一年で一番昼間が長い日”の 夏至である。 よって可憐なこのお方達には 朝から日照り続きの中、  さぞ 喉が渇く一日となったことだろう。           にほんブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水無月

水無月(みなづき)は、6月の別名だが、なぜ「水」が「無」、「月」と書くのだろうか?  梅雨のこの時期、水が無い月でもないのだが?… 「水無月」は旧暦の6月のことだが、 由来は「田んぼに水を引く月」であることから、「水無月」になったという説だそうな~ でも「水無月」は、みずなしつき(水が無い月)では?・・・と思いがちだが、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜・さくら~3(一年をたどる)

”つぼみ膨らめ早くに咲けと急かす夕べの雨の音”     ”永い眠りを目覚めた桜やおら化粧にとりかかる” ”かたい蕾をこじ開けながら明日の出番を待つ桜”      こんな桜も~  ”大和魂と桜の花は一途に散りゆくさがを持つ”  ”今は昔の同期の桜どこで散ったか果てたやら” 桜は (^^♪三日見ぬ間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜・さくら~2

昨日 友人から羽咋市千路町にある古永建設の庭園の桜が綺麗だったと聞き出かけた。 同所には、150本余のしだれ桜や八重桜が植えてあり見ごたえのある庭園でした。 なお、桜の見頃は4月20日前後だと聞いていたが なんとなんと”今が盛りの桜かな”でした。 帰りはでを食して帰宅しました。 味は"羽咋神子原 新そば食べりゃ 貴女のそばに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜・さくら~

桜満開 心は弾む 照らすぼんぼり 花吹雪         桜前線は 今日はどこまで行ったかな?~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春まだ浅き

昨日より弥生三月になれど 今日も雪である。 明日は桃の節句と言うのに・・・ ”そっと相よぶ二人の春(青春)を  雪の悋気が遅らせる” のだろうか?・・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪召しませ薔薇を~

バラ園に行ってきた。 ♪薔薇が咲いた 薔薇が咲いた 真っ赤な薔薇が~ なり。 更に ♪赤い薔薇 白い薔薇 召しませ薔薇を~ であった。 ♪も一つ おまけで   も みごとであった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真冬日

 節分過ぎたに  春まだ来ない  むかい出したら  戻り雪 昨日から強い冬型の気象配置の影響で今日も雪ある。 北陸から北海道にかけての日本海側は雪が続くそうだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

節分

と言えば、  (ま) まだ見ぬその先  (め) 冥土の旅は  (ま) 待つ身ひさしや  (き) 気を急かす 想いなり。 しかし、  ”立春前日魔滅(まめ)撒きちらし 福を呼び込む邪気払い” の 大切な行事なり。 そしていま一つは、  (え)  縁起かついで   (ほう) 包丁も入れず  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師 走

今日より12 月、月めくりカレンダ-も一枚となる。 例年この月は何かと気忙しい。 時節柄寒さにもひるまず、風邪を引かぬよう この池の鴨のように頑張らなくちゃ~ ↓
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”暑さ寒さも彼岸まで”

昨日は彼岸の入りであった。 秋のこの時期は猛暑も退散し 朝晩には寒ささえを感ずる頃となる。 彼岸は一週間あり、  20日が 彼岸の入り」  23日が 彼岸の中日  26日が 彼岸あけ である。 23日のお中日には「お墓参り」をする。 春秋のこの一週間 故人を偲び、尊びたいものである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more