小学校の同窓会のこと

先日 小学校時代の同窓会があり出席した。
ここ10年 この時期はクラス会を行っているが、学年が一同に会するのは40数年ぶりである。

さて、我々が ♪国民学校一年生~に なったのは
太平洋戦争の敗戦が濃厚となった 昭和20年4月のことである。

高のお兄ちゃん達が、
 ♪燃料片道 テンツルシャン 涙で積んで
    行くは琉球 死での旅 エエー 死での旅~
 と 唄っていた頃である。

で、当日集まったのは 3クラス140余名(うち鬼籍34名)中 39名である。
また、恩師の方は9名中 存命の2名である。

開宴に先立ち 先ずは物故者に黙祷。
今頃 彼らも、♪俺が死んだら 三途の川でョ~ 鬼を集めて相撲とるダンチョネ~ 
と唄っていることだろう。

小学時代は一年生から卒業までの6年間、クラスの編成替えがなく、幼心に一番思いが残る。
とりわけ マドンナは格別である。

宴会で
 ♪花のあの娘は 汚れを知らぬ  俺がいたなら 刺をもつ
   惚れた塊(かたまり) かなぐり捨てて 恋はこれきり 諦めた~

と、昔の想いを スーチャンに伝えることが出来た。 

  “あの日言えない  貴女が好きと 過去形で伝える 同窓会” 
でした。

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック