文月

文月となる
DSC01450.jpg
文 ふっと想いを託したあの日 消してまた書く文の数
月 積もる話はおいおいするが 月に一度は顔みたや

今年も既に折り返し月となる。
日々せかせかと過ごしてきたが ここにきて息切れ状態。

頑張らなくちゃ〜と 気持だけが先走りするも身体が伴わない。
あぁ〜情けない仕儀哉。 ( ^o^)

今日は「夏越の祓」

村の鎮守にお出かけし 茅の輪くぐり(胎内くぐり)をしてきました。
DSC01448.jpg
茅の輪をくぐることで禊(みそぎ)をして邪悪な穢れを祓い、無病息災を祈願しました。
かってはこの梅雨の時期から夏にかけて、天然痘などの疫病が出たのでこうした行事が今日においても引き継がれているのです。

※廻り方:

正面から最初に左回り、次に右回りと 8文字を描いて計3回くぐります。

お陰様で今年も (^^♪ デカンショ~デカンショで 半年暮らす~ ことが出来ました。

さて さて (^^♪あとの半年しゃ~如何相成ることやら・・ヤイヤイデッカンショ~なり。

水無月もあと少し


(あ)     (じ)    (さ)   (い)
 雨よ降れふれじゃんじゃん降れと催促している井の蛙

(^^♪ 頃は六月終わりころ 夏とは言えど肌寒さ・・・

の 日曜日なり~

マスクと防空頭巾

新型コロナウイル特別措置法に基づく緊急事態宣言の解除を受け
昼間の外出自粛が解かれ やっとの感なり~

しかし 外出時には 
コロナウイルス感染予防にマスク要なり。
DSC01414.jpg
なお 悪しき時代には敵機来襲に備え 
頭から首筋まですっぽりかぶる防空頭巾を着用した。
空襲の際に落下物から首筋や顔を守る頭巾である。

さてさて次は
顔にお面を付けるようなこととならぬよう 願いたいものである。





コロナウイルス④ 

例年なれば 今日は村の鎮守様のお祭りなんだが~ 


インクしている

ルカの彼女

ンルン気分の

マイルで


ウイルス騒ぎでお祭りは中止

神様もガッカリなさっておいでなり~

コロナウイルス③

鬼もおののく
     コロナが騒ぐ
     マスク欲しいと
     閻魔様


今日も各地で発症者があった。

早くコロナウイルスを退治したいものである。

コロナウイルスのこと②

かって 川田晴久さんが、

(^^♪地球の上に朝が来る~その裏側は夜だろを~~

と 唄っていたが


此のところ連日コロナウイルスの話で 夜ばかりの感なり。


早く

(^^♪朝はどこから来るかしら~あの空越えて雲越えて~~
      光の国から来るかしら
~~~

の 朝を迎えたいものである。 

よってお昼はその景気づけの祝杯なりDSC01393.jpg

節分

季節の変わり目「立春」がそこまで来た。
この時期は 邪気が入りやすいとされているのでご用心。

「節分吟」
①"鬼の留守の間 炒り鍋かけて 豆も炒らずに 酒の燗 ”
②“午前様には 阿修羅の鬼が 豆の代わりに 塩をまく"

③巻いた岩田の 目出度き帯に 孫を待つ身の 気忙しさ"

④“立春前日 まめ撒きちらし 福を呼び込む 邪気払い”

で、自分の「ま・め・ま・き」は、

“迷うことなくめでたく所帯迷いばかりの 昨日今日” 
で ウン十年を過ごしてきた。

残りの人生は

‟まだ見ぬ先の 冥途の旅を 待つ身となって 気をせかす ”

こととなった。

お年玉付き年賀はがきのこと

DSC01338.jpg

今年も お年玉付き年賀はがきで3等に当籤した。

賞品は切手シートなり。

当選確率は100本に3本とある。

当方は80余枚で4枚の当選なり。

これは春から縁起が良いぞ~!

通院のこと

”お医者ごっこの先生役も 
今じゃ患者がはまり役”


お正月前から。肩とももやお尻の筋肉が痛く、昨日整形を受診した。

見立ては「座骨神経痛」とのこと。
整形には5~6年前より肩骨の痛みで定期通院し、痛み止めを1日1回服用しているが、この病は初めての体験なり。

処置:肩とお尻に2本同時の注射、これも初体験。
   飲み薬2種類(痛み止め)朝・昼・晩


家祈祷(やぎとう)

DSC01304 (1).jpg

暮れにお出まし願った天神さまが今日一旦お帰りになった。
(次回は1月25日)

正月三日間の氏神様の初詣でも終わり、神社より恒例の家祈祷の日である。

(神主が各家庭を廻りお祓いをする行事)

天神さまの御前で"今年一年間の家庭の無病息災と家内安全"のお祓いを受ける日である。

(向かって左軸:小生  右軸:長男)

当地区では、長男が生まれるとお嫁さんの実家から子供の健康、成長、学業成就を願い

天神様の掛け軸や木彫り人形などが贈られる。

なお、天神さま飾りは

「福井県、富山県、長野県の一部、あと島根県と鳥取県、愛知県豊橋付近や静岡県西部の東三河地区」

だ そうな。

正月三ヶ日

元旦 ”二年詣りの 鐘の音聞いて 退却猪 子にバトン”

href="https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/022/724/42/N000/000/000/157804313819467074428.jpg" target="_blank">DSC01306.jpg  DSC01304 (1).jpg  DSC01307.jpg

  あけましておめでとう御座います!

(^^♪ 年の初めの 例(ためし)とて
    終(おわり)なき世の めでたさを
    松竹(まつたけ)たてて 門ごとに
    祝(いお)う今日こそ 楽しけれ~

二日 初夢・朝風呂・年祈廻り・お雑煮

三日 寝正月 さあ~今年も頑張るぞ!


本年もよろしくお願い致します

今年もあとわずか

DSC06701.JPG
(^^♪ 南瓜食べ食べ ゆず湯に浸かり

 サンタに貰った 玉手箱




さてさて 何が入っているかな?

明日待たれる その玉手箱 なり。

「酒は百楽の長」か

DSC00209.jpg 

(^^♪ お酒呑む人心から 可愛    
      呑んでくだまきゃ なお可愛


若かりし頃お座敷でお姐さんたちに進められてよく呑んだ。

酒を良しとするには「適量ならば」という条件をつけた上で解釈すべきである。

酒飲みが酒を賛美して自己弁護に陥ってはいけない。

必ずしも飲酒を手放しで推奨するべきではないのである。

紅葉狩りー2

先週長男夫婦に誘われ 老年夫婦共々に近江の国へ紅葉狩りに行ってきた。

日程は 一泊二日で湖東三山と彦根城を廻ってきた。

(^^♪ 時雨をいそぐ紅葉狩り 深き山路を訪ねん

    「是は此のあたりに住む女にて候」

    「下紅葉夜の間の露や染つらん」

初日は湖東三山巡りである。

「西明寺」「金剛輪寺」「百済寺」の三つの天台宗寺院を総じて「湖東三山」と呼ばれている。

琵琶湖の東、鈴鹿山脈の西に位置し紅葉の名所として知られている。
>DSC01155.jpg

先ずは「西明寺」
平安時代、仁明(にんみょう)天皇の勅願により三修上人が開山したとある。
本堂や三重塔や二天門が今もなお残されていた。
鎌倉の様式が美しく保存されていることが評価され、国宝第一号に指定されている。

次に「金剛輪寺」
今から1200年以上昔、大仏様を建立された聖武天皇と行基菩薩により天平13年(741)に閉山された天台の巨剰です。本堂は鎌倉時代の代表的な和様建造物として国宝に指定されています。三重塔(待龍塔)および二天門も国重文建造物

3番目は「百済寺」
今から1400年前の推古14年(606)に、渡来人のために聖徳太子が創建した近江の最古刹なり。像高2.6mの十一面観音を本尊とし御堂は百済の「龍雲寺」を模して創建され、開闘法要には高句麗僧恵慈を冗願とし、百済僧遭欽や暦を伝えた観勤も永く住したと伝えられております。

二日目は彦根城なり。

長い上り道を経て場内に辿り着く。ひこにゃんが出迎えてくれた。

彦根城築城は、将軍徳川家康公の命により佐和山城を一掃するため、慶長9年(1604)より着工されました。天守は大津城から、天秤櫓は長浜城から移築。天守は2年足らずで完成しましたが、表御殿の造営、城郭改造など、城郭の完成は1622年とされています。近世の城で天守が残っているのはこの彦根をはじめ、弘前・松本・犬山等の12天守である。
DSC01228.jpg
                       (完)   

紅葉狩り

一昨日、長男夫婦と富山県南砺市の五箇山・相倉合掌造り集落に行ってきた。

何々、案内板があるぞ ↓

       五箇山 ~ごかやま
富山県の南西端に位置する五箇山(ごかやま)地方は、1500m級の山々に囲まれ、冬には2、3mの積雪がある豪雪地帯です。清流庄川(飛騨高地から日本海へ流れる115kmの一級河川)沿いの谷間に40の集落が点在し、そのうちふたつの集落、相倉合掌造り集落と菅沼合掌造り集落が1995年(平成7年)、岐阜県白川郷荻町とともにユネスコの世界遺産に登録されました。

五箇山の地名が初めて見られるのは室町時代、1513年(永正10年)本願寺第9世実如の裏書に始まります。名前の起こりは5つの谷間(やま)から(赤尾谷・上梨谷・下梨谷・小谷・利賀谷)から構成された集落群の総称と云われ、加賀藩政時代には約70の集落がありました。現在は共に世界遺産の相倉集落を有する※旧平村、菅沼集落を有する※旧上平村を総じて「五箇山」と呼びます。居住の歴史は古く、縄文時代に遡り、古代、中世、近世を通じ、平野部とは地理・自然条件が大きく異なるため、独特の文化を形成してきました。

*五箇山の広さ:東西約21.7km/南北約22km/総面積 約189km²

DSC01066.jpgDSC01071.jpgDSC01076.jpgDSC01086.jpg

「下紅葉夜の間の露や染つらん」の 如くなり。

投稿テスト

アクセス解析を見ると 前日アクセス数及び前日訪問者がいずれも0です。

外部に反映しているのでしょうか?

投稿テストです~

夏の甲子園

DSC00138.jpg(^^♪ お盆挟んだ球児の夏は つわもの揃いの夢のあと



第101回全国高校野球選手権大会は昨日、甲子園球場で決勝が行われ、

履正社(大阪)5-3 星稜(石川県)で 北陸勢があと一歩届かなかった。 

暑い!


今日も暑い一日となった。

 (ふ)    (み)      (づ)      (き)
  筆も重たや見果てぬ夢を ずらして書き込む窮屈さ

文月もあと3日


"相撲終わった選挙も済んだ あとはお盆を待つばかり"


の 想いなり。

今日は七夕 

織姫・彦星の再会を願って・・・七夕を詠む DSC04137.jpg

  (都々逸・折込吟)      

 (た)      (な)     (ば)     (た)
 ”楽しさちょっぴり 悩みは多目 馬鹿な夫婦の 太平記”

 (あま)    (の)   (が)     (わ)
 ”甘いシュートは 逃さず巧打 ガッツポーズで 湧くベンチ

  (お)      (り)     (ひ)     (め」
 ”想い焦がれる 理想の彼と 日折り数えた めぐり会い”

 (ひ)      (こ)    (ぼ)    (し)
 “暇はたっぷり 小遣い不足 ぼやき嘆きの シニア爺”

以上 蔵出し吟より

続きを読む

参院選が始まった


第25回参院選が4日公示され、改選124議席に370人が立候補を届け出た。

改選議席の内訳は選挙区215人(改選数74)、比例155人(同50)。

今回の選挙戦でも一強多弱との予想なるも本当に”強い一強”なのだろうか?・・・

焦点はやはりこの政権下での憲法改正に前向きな攻撃勢力が国会発議に必要な3分の2以上の議席を維持できるか否かであろう。

 “どんぶり勘定の員数あわせ 質より量だけ欲しい票”

の 想いしきりなり。


なお投票は21日で即日開票だそうな。

リニューアルのこと

あぁ~お部屋が改装されて新しくなった~

部屋内は電化が進み各所のスイッチが沢山あるぞ!

パソコン音痴には慣れるまで時間が掛かりそうだ~


DSC09435.jpg


米朝首脳板門店で会談

昨日 両首脳が南北を隔てる軍事境界線上にある板門店で会談をした由。

数週間内に非核化の米朝実務会談をすると明言するトランプ氏。

 (^^♪ お土産はなぁに~の かの御仁
          ↓
 (^^♪ その手は桑名の蛤よ~で 終わるのか・・・

はたして トランプ氏は

"やんちゃ坊主の四角い顔を 撫でてまぁるくする御仁

と なれるのだろうか?

昨日は「夏越の祓」

村の鎮守にお出かけし 茅の輪くぐり(胎内くぐり)をしてきました。

   
画像
         

茅の輪をくぐることで禊(みそぎ)をして邪悪な穢れを祓い、無病息災を祈願しました。

かっては、この梅雨の時期から夏にかけては、天然痘などの疫病がはやることが多かったのでこうした行事が今日においても引き継がれているのです。

※廻り方:
正面から最初に左回り、次に右回りと 8文字を描いて計3回くぐります。

お陰様で今年も
 (^^♪ デカンショ~デカンショで 半年暮らす~ ことが出来ました。


さて (^^♪あとの半年しゃ~如何相成ることやら・・・・ヤイヤイデッカンショ~なり。





花しょうぶ

今年も 可憐に咲き誇る菖蒲園に行ってきました。

画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像


 (^^♪ ‟おまえ見染めた去年の五月 菖蒲あやめのお湯野中”

に 居るような気分でした。

鮎の頃

今年も長男夫婦と鮎を食べてきました。
画像


先々週に解禁になった鮎は 身持ちも上々~季節の味である。
画像


(^^♪ 鵜籠を開き取りいだし 島津巣おろし荒鵜ども
   「この川波に 「ばっと 「放せば・・・

鮎を食していて たまたま謡曲の「鵜飼」をやっている時期なので、ひとり心に引っかかる。↓

(^^♪ 川瀬の石を拾いあげ 妙なる法の御経を一石一字。
   書きつけて。 波間に沈めとむらばば~ ・・・


の想い 仕切りなり。

謡曲大会」に出演 ( 再掲)

※過日投稿記事がここで表示されていないので再投稿です。

先週 恒例の「春季謡曲大会」に出演した。

出し物 素謡13番・独吟1番・仕舞5番 である。

参加者は30余人、


で、当方の出番は 素謡「鵜飼」ワキなり。





       (^^♪ 是は安房の清澄より出でたる僧にて候
  我未だ甲斐の国を見ず候程に。この度甲斐の国行脚と志して候
                ・
(訳)安房の清澄寺の僧呂は一人の縦僧を連れて甲斐の国行脚の道すがら、石和川のほとりに辿り着いた。 云々・・


大会始め 13:00 ~ 終演 17:30  なり。
反省会では 会員の高齢化が進み 会存続の危惧仕切りなり。

謡曲大会」に出演

先週 恒例の「春季謡曲大会」に出演した。

出し物 素謡13番・独吟1番・仕舞5番 である。

参加者は30余人、


で、当方の出番は 素謡「鵜飼」ワキなり。

画像



       (^^♪ 是は安房の清澄より出でたる僧にて候
  我未だ甲斐の国を見ず候程に。この度甲斐の国行脚と志して候
                ・
(訳)安房の清澄寺の僧呂は一人の縦僧を連れて甲斐の国行脚の道すがら、石和川のほとりに辿り着いた。 云々・・

大会始め 13:00 ~ 終演 17:30  なり。
反省会では 会員の高齢化が進み 会存続の危惧仕切りなり。

大相撲夏場所・朝乃山優勝

画像
14日目の昨日、西前頭8枚目の朝乃山は大関豪栄道を寄り切って12勝2敗とし、ただ一人3敗で追走の横綱鶴竜が栃ノ心に敗れたため、初優勝を決めた。
富山県出身力士の優勝は 大正5年夏場所の横綱太刀山以来とのこと。

令和初の本場所で、新時代を担う平成生まれの新たなヒーローの誕生なり!

    (^^♪ めでためでたの朝乃山様よ~ なり。

大相撲夏場所・朝の山のこと

今場所は横綱・大関陣を尻目に 前頭8枚目の朝の山の活躍が光る。

昨日は栃ノ心との対決、お見事なり。

朝の山は富山県出身。

今までに富山県からは

20代横綱:梅ケ谷と、22代横綱:太刀山をはじめ、黒瀬川と琴ケ梅の両関脇を出している。

平成の御代もあと僅か

画像


読み方(国語)の時間に「サイタ サイタ サクラガ サイタ」 と習った昭和は、1989年(昭和64年)1月7日に昭和天皇の崩御にともない、皇太子明仁親王が即位され 平成となった。

その平成も あと一週間で「令和」の御代となるのである。


当家では 未だ世代交代が叶わず 年金爺が居座っている。

統一地方選のこと

昨日は 1府2県109市区町村で統一地方選挙が行われた。


第19回統一地方選の前半戦となる11道府県知事選と6政令市長選、41道府県議選、17政令市議選である。


大阪では都構想の是非を問う府知事選と大阪市長選の「ダブル選」が行われた。

福井、島根、徳島、福岡の4県知事選では自民党支持層が割れる「保守分裂」となった。


また、北海道知事選では与野党対決もあった。


何方が知事・市長・県議・市議になられても 

(^^♪ 廻る地球に朝が来る~のであるが、

(^^♪ その裏側は夜だろう~を忘れず 万人第一で頑張って欲しいものである。

節分

立春前日 魔滅(まめ)撒きちらし 福を呼び込む 邪気払い

季節の変わり目「立春」がそこまで来た。
この時期は邪気が入りやすいとされているのでご用心。

節分と言えば豆まき。
で、自分の「ま・め・ま・き」は、

 (ま)     (め)        (ま)      (き)
"迷うことなく めでたく所帯 迷いばかりの 昨日今日” 

で ウン十年を過ごしてきた。

残りの人生は

‟まだ見ぬ先の 冥途の旅を 待つ身となって 気をせかす

こととなった。

今日は愛妻の日

1月31日は愛妻の日だそうな~

愛妻の日と言われると 現役時代のことを思い起こす。

午前様が続くと 決まって翌日は

"愛妻弁当に 混ざった辛味 俺の浮気を とがめてる”

の 仕儀なり。

今は昔の思い出なり。

今日は家祈祷

暮れにお出まし願った天神さまが今日一旦お帰りになった。

正月三日間の氏神様の初詣でも終わり、神社より恒例の家祈祷(神主が各家庭を回りお祓いする行事)の日である。

天神さまの御前で"今年一年間の家庭の無病息災と家内安全"のお祓いを受ける日である。
画像

  (向かって左軸:小生  右軸:長男)

当地区では、長男が生まれるとお嫁さんの実家から子供の健康、成長、学業成就を願い天神様の掛け軸や木彫り人形などが贈られる。

なお、天神さま飾りは
「富山県、福井県、長野県の一部、あと島根県と鳥取県、愛知県豊橋付近や静岡県西部の東三河地区」とある。。

正月三ヶ日

     元旦      ”二年詣りの鐘の音聞いて  犬が遠吠え亥の出番 ”
      
                  あけましておめでとう御座います!
                           
画像
                           
                  
                 (^^♪ 年の初めの 例(ためし)とて
                     終(おわり)なき世の めでたさを
                     松竹(まつたけ)たてて 門ごとに
                     祝(いお)う今日こそ 楽しけれ~


    二日     初夢・朝風呂・年祈廻り・お雑煮

    三日     寝正月さあ~ 今年も頑張るぞ!

       
               本年もよろしくお願い致します

2回目の大阪万博決まる

2025年国際博覧会の開催国を決める総会がパリで開かれ、ロシアとの決戦投票で大阪に決まった。 

開催のお題目は
「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに健康、医療に関する技術革新を目指す。 とある。

大阪開催は1970年以来で55年ぶり2回目となる。

なお、前回の大阪万博には子供達を連れて炎天下のなか、太陽の塔や会場を回った記憶が甦る。


(^^♪ でっかいなら 博覧会
    ちっちゃいなら シジミ貝
     買いで高いのは 芸者買い
          ・
          ・
 先ずは めでたしめでたし~である。キタ━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━!!!! 


画像

勤労感謝の日

今日は「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」国民の祝日の日である。

然るに、隠居の身となった今では・・・

(きんろう)  (かんしゃ)  (の)        (ひ)
“勤労意欲も感謝の念も のほほん暮らしでひかえ気味”

の 毎日です。

そして今日も、
”勤労息子に感謝をしつつのんべい親爺の日が暮れる”

一日になりそうです。   
    



       

今日この頃は

幼少時の  "お医者ごっこの先生役も 今じゃ患者がはまり役" に なって久しい。

今日は内科の予約日、かかりつけの病院に行って来ました。


一病息災ならぬ多病息災の今日この頃は 沢山の薬漬けの毎日で、

 ”計画倒れの老後の日々は のほほん暮らしで日が暮れる”

ありさまです。



持病と老いとは、この先も仲良く付き合わなくちゃ~と考えていると今夜は

"想い叶わぬ小さな秋に 実り待ってる長い夜“

と なりそうで~す!


画像

謡曲大会

文化の日に、恒例の謡曲大会に参加しました。

日 程 発表会:午後1時始め~5時まで 
     直 会:   6時から
出し物 素謡9番・連吟3番・仕舞7番 

で、当方の出番は素謡「枕慈童」のシテ なり。
   
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/022/724/42/N000/000/003/t154200593814283793178.jpg
  
  https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/022/724/42/N000/000/003/154200608937978280178_DSC00325.jpg

   (写真が出ない?・・・なんでだ~・・・パコちゃんご機嫌斜め!)
  
発表時間はシテとワキの掛け合いと地謡が入り、約20分です。

物語は、
中国・周のボク王に仕えた少年が、無実の罪を得てテッケン山に追放れた。
少年が、ボク王から賜った枕に書かれていた経文を菊の葉にかいたところ、その露の滴りが薬の水となって流れた。
少年は菊水を飲むことで、七百歳の長命を得ることが出来たという目出度い曲であす。

また、お楽しみの反省会は、
 ”上手くなったとチト褒められて 酌に忙しい直会に”
と なりました。

十六夜


(^^♪ 田草取るなら 十六夜月夜 二人で気がねも やれほに 水いらず~

昨日は雲が悋気して"十五夜お月さん"を隠してしまった。


今夜の十六夜月は如何に?・・・

月のお出ましまで「月」を詠む

  (^^♪雨降りお月さん雲の陰 お嫁に行くとき ・・・ 

  (^^♪月がとっても青いから 遠まわりして・・・ 

  (^^♪月が侘しい路地裏の 屋台の・ ・ ・

月に関しては

 俳句では 「名月を取ってくれろと泣く子かな」小林一茶

 短歌では 「月月に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月」詠み人知れず

 古典文学では「竹取物語」・・かぐや姫伝説

 漢詩では 上杉謙信の「十三夜」  

などなどがある。

さぁ~7時半を過ぎたぞ!  お月様がおでましかな?~

彼岸中日

今日は秋分の日・秋彼岸お中日なり。

「祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ」日である。

朝から未だ暑い照りのなか 家内とお墓参りを済ませた。

この日は 何時ものことながら

“帰路の切符が とれたら一度 彼岸の先祖を 訪ねたや”


の 想いで一日を過ごした。(´・ε・`)ムー

「城端むぎや祭」

に 行ってきました。

(^^♪麦や菜種は 二年で刈るが 麻は刈らりょか 半土用に~
画像

(^^♪浪の屋島を 遠くのがれ来て 薪こるてふ 深山辺に~
画像

(^^♪烏帽子狩衣 脱ぎうちすてて 今は越路の 杣刀~
画像

(^^♪心寂しや落ち行く道は 川の鳴瀬と 鹿の声~

富山県の小京都といわれる情緒ある南砺市城端の街である。
例年この時期にむぎや祭行われている。

その歴史は、
隣接する五箇山から1926年(大正15年)10月に
麦屋節保存会より伝授されたとある。
城端で唄い継がれている五箇山民謡である。

帰りには、庄川の子持ち鮎を食して帰る。
画像


一尾を三口、銚子1本付けたら5尾で満腹。
6月の鮎とはまた違った風味哉。

台風一過

  >(たい)  (ふう)   (いっ)      (か)
  退屈凌ぎの 風来坊が 何時も元気な 顔みせる

非常に強い台風21号は各地に大きな爪痕を残した。 

4日正午ごろ徳島県南部に上陸し、午後2時ごろ神戸市に再上陸。

四国や近畿を中心に猛烈な風が吹き荒れ、最大瞬間風速は和歌山市で57.4メートルを観測。

午後5時には北陸地方も暴風域に入り、非常に激しい雨や猛烈な風が吹く。

5日朝にかけて東北の日本海側沿岸を北上、午前9時には日本海北部で温帯低気圧に変わった。

いや~怖かった。

            ”地震・雷・火事・台風”である。
                        ↑
※今は親父の 威厳も薄れ 野暮な台風と 入れ替わる※